「生存率」というのは、ある診断のタイミングから一定期間後までの生きていられる割合を示すものです。

例えば、「5年生存率」と言ったら、あるタイミングから5年後までの間に何人が生きているかという数字を示します。
シンリーボーテ

5年生存率が80%だったとすると、100人中80人は生きていますが、20人は亡くなります。

がんの場合は初期ですと大抵この「5年生存率」が余命を考える上で関わってきます。
なぜならば、5年間で転移や再発がなかった場合は「完治」とみなされるからです。

しかし、病気がかなり進行して、ステージ4以降の「末期がん」まで進んでいる場合には、
5年生存率はかなり低くなるので、「2年生存率」や「1年生存率」の世界になってきます。
看護師として働くときの就職なり転職の際に
首都部ではなく地方の病院や地元の病院などで
看護師押して働くという選択肢があります。

Uターン転職と言ったりするのですが、
このUターン転職の魅力というかメリットといえば、
生活費などが節約できたり便利になるといったことでしょうか。

Uターン転職をする際は、
地元に帰って看護師の仕事を続けることになりますので、
多くの人は、実家へ戻るケースが多いといいます。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です