医療保険の告知義務では、過去をさかのぼって何年たてば無効になるという決まりもありますから、

10年も20年も前の病気でもう完治しているということであれば、告知書に記載する義務は発生しないともされていますが保険会社に確認してみましょう。医療保険で告知義務違反になってしまうとどのようなことになるのかというと、給付金を支払ってもらえなくなるということにつながりますし、医療保険の契約自体も解約ということになります。

医療保険やがん保険といった保険は医師の診断が不要なものが多く、健康状態については自己申告をするケースが一般的です。実は病院にかかっていて、今健康ではない場所があるのに嘘をついて内容を変えて告知したという場合には、告知義務違反ということになります。

医療保険にはいる場合には、死亡保険でも同じなのですが告知義務が必要です。死亡保険の場合には、医師の診断書が必要で健康であるということが証明できなければ入ることができないケースが多いのに対して医療保険はその点では自己申告のみで手軽に入れるというメリットがあることになります。

ですから、医療保険に加入する際には、告知書には真実を描くようにして、何か過去に病気にかかっていたということであれば、そのことについては商材を記入する義務があることを忘れないようにしましょう。医療保険加入の際の健康状態の告知義務については、何を義務付けられているのかというと、自分が本当に健康状態であるか真実を伝える義務があります。くろあわわ

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です