タイトなフィット感は、「EXE LEG SLIMER」を装着するだけで細い足にも効果的と言われています。

エクスレッグスリマー 販売店

すでに知っている人もたくさんいると思いますが、その効果はどれほど真実だと言われているのでしょうか。

それは購買を検討している人たちにとって特に懸念のポイントです。

そこで今回は、脂肪の原因による影響、「Alegg Slimmer」の機能、そして実際に体験してみた結果について調べました。

購入する前によく読んで、どのような時に使うべきかを理解してください。

足を太らせる主な原因は何ですか?
足を太らせる主な原因は何ですか?

「Ex Leg Slimmer」が効果があるかどうかを考えてみると、足が元々太っている原因を知ることから始めたいと思います。

一般的な理由から驚くべき理由までさまざまなものがあるようですので、以下を確認してください。

脂肪よりもカロリーが低いため、基礎代謝が低下します。
脂肪とは、1日に消費されるカロリーよりも多くのカロリーが消費されるという事実を指します。

そして1日に消費されるカロリーの大部分は、呼吸、瞬き、体温調節、ウォーキングなどの基本的な活動で構成されています。

これらの基本的な活動によって消費されるカロリーは、基礎代謝と呼ばれます。

そして筋肉の量が増えると、基礎代謝の量も増え、太りにくくなります。

しかし、加齢、運動不足などにより、筋肉量は20代前半に着実に減少しています。

特定の年齢のアスリートの退職も筋肉量の減少によるパフォーマンスの低下によるものです。

また、「幼い頃と同じ量の食べ物を食べていると体重が増えた」「食事制限のために減量しなかった」という現象も筋肉量を減少させました。減少しています。

言い換えれば、基礎代謝は年齢とともに減少するので、それはますます大きくなります。

セルライトが足にくっついて太ってしまいます!
基礎代謝を下げることに加えて、足を太らせる理由があります。

それはセルライトです。

誰かがかつて彼女の足にセルライトを一度見たことがあるのだろうか。

それはセルライトですが、それはもともと排出されずに蓄積された余分な水分と廃棄物です。

立ち仕事、疲労、血行不良などは足に余分な水分や老廃物を蓄積させ、腫れのように見えます。

この膨らみを残すということは、余分な水分や老廃物をそこに溜めるということです。

その結果、余分な水分や廃棄物がセルライトに固化します。

余分な水分や老廃物は、カロリーが足りなくても常に体内に発生します。

だからあなただけで食事制限でセルライトを防ぐことはできません。

あまりにも寒くなる原因の一つ!
あまりにも寒くなる原因の一つ!

膨潤=余分な水分と老廃物=セルライトの原因となる翻訳。しかしこの膨潤は血液循環を悪化させることによって起こります。

女性の場合、私はしばしば四肢の冷え、いわゆる風邪に苦しむと思いますが、この寒さは血液循環を悪化させます。

上述のように、血液循環が悪化するにつれて、過剰な水分および廃棄物が蓄積する可能性がある。

ですから、そのまま冷やし続けると、手足の腫れが起こりやすくなり、全体的に太い体質になります。

あざや挫傷の治癒の遅れ、しびれのリスクの増加、にきび、くすみ、肩こり、腰痛、腎機能の低下、クマなどのトラブルが発生する可能性があるとも言われています。

寒いからという理由だけで、もはや手や足を冷やすだけではなくなります。

圧迫タイツは肥育に対する対策になり得ますか?
圧迫タイツは肥育に対する対策になり得ますか?

肥育の原因

①基礎代謝の低下

②余分な水分や廃棄物の蓄積によるセルライト

③低温による血流の減少

それが3つであることがわかりました。

それで、これら3つのために「ALL LEG SLIMER」を含む圧力タイツはどのくらい効果的ですか?

第一に、それは基礎代謝の低下への影響であるが、これは単に足を引き締めることによっては得られない。

それ故、いくつかの圧力タイツはそれら自身の方法により塩基性代謝を高めるために考案された。

後述するが、「EXE Leg Slimmer」にも塩基性代謝を高める独自のエキスパート装置が施されている。

次に、それは余分な水分と老廃物に影響を与えますが、これは圧着タイツの専門分野です。

プレッシャータイツは、プレッシャーによって子牛の筋肉を刺激します。

ふくらはぎの筋肉は2番目の心臓とも呼ばれ、全身に血液を送り出すポンプの機能を果たします。

したがって、圧迫タイツでふくらはぎの筋肉を刺激することによって、血液循環が促進され、余分な水分や老廃物が蓄積するのは困難です。

最後に、それは冷えへの影響ですが、これはまた圧力タイツ製造業者によって独自に行われます。

基本的にそれは熱保持力を上げる理由です

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です